このエントリーをはてなブックマークに追加


CAPN環境を構築する

本資料はCentOSを使用して、CPAN環境を構築しました。
CentOS5, CentOS6ともに本資料の動作確認済みです。


スポンサーリンク

開発環境がインストールされていない場合(CentOS限定)

CentOS6をMinimalでインストールした場合など、Perlすらインストールされていません。
以下のコマンドで開発ツール一式(開発関連パッケージ)をインストールすることができます。

yum groupinstall 'Development tools'

本コマンドについては、以下の記事を参考にしてください。

CentOS6の場合は、インストール状態によってはCPANもインストールされていません。
以下のコマンドでcpanをインストールします。

yum install cpan

関連記事

CPANを起動する

CPANを起動するには、以下のコマンドのいずれかを使用してください。
本コマンドは、rootで実行してください。
(Ubuntuなどであれば、sudoコマンドを使用し以下のコマンドを実行してください。)

cpan

または

perl -MCPAN -e shell

本資料では、以下cpanで起動した例を記します。

Proxyを使用する場合

proxyサーバを利用しなけらばならない場合は、cpanコマンドによる初回問い合わせで入力してもよいのですが、環境変数 http_proxyftp_proxy 設定しておけばCPAN初期設定画面に表示されます。
以下にhttp_proxy, ftp_proxyの設定例を記します。

export http_proxy=http://proxy_server:8080/
export ftp_proxy=http://proxy_server:8080/

書式は以下のようになります。

export http_proxy=http[s]://プロキシサーバ:ポート番号/
export ftp_proxy=http[s]://プロキシサーバ:ポート番号/

CPANコマンドを実行して設定を行う

基本的にはデフォルトのままで設定が完了できます。
デフォルト値が[]内に表示されています。
デフォルト値のままでよいのであれば、Enterキーを押します。

[root@centos5 ~]# cpan
We have to reconfigure CPAN.pm due to following uninitialized parameters:

cpan_home, keep_source_where, build_dir, build_cache, scan_cache, index_expire, gzip, tar, unzip, make, pager, makepl_arg, make_arg,  make_install_arg, urllist, inhibit_startup_message, ftp_proxy, http_proxy, no_proxy, prerequisites_policy, cache_metadata

/usr/lib/perl5/5.8.8/CPAN/Config.pm initialized.


CPAN is the world-wide archive of perl resources. It consists of about
100 sites that all replicate the same contents all around the globe.
Many countries have at least one CPAN site already. The resources
found on CPAN are easily accessible with the CPAN.pm module. If you
want to use CPAN.pm, you have to configure it properly.

If you do not want to enter a dialog now, you can answer 'no' to this
question and I'll try to autoconfigure. (Note: you can revisit this
dialog anytime later by typing 'o conf init' at the cpan prompt.)

Are you ready for manual configuration? [yes] 

当方はAsiaを選びました。

(1) Africa
(2) Asia
(3) Europe
(4) North America
(5) Oceania
(6) South America
Select your continent (or several nearby continents) [] 

日本を選びました。

(1) China
(2) India
(3) Indonesia
(4) Israel
(5) Japan
(6) Kazakhstan
(7) Pakistan
(8) Republic of Korea
(9) Saudi Arabia
(10) Singapore
(11) Taiwan
(12) Thailand
(13) Turkey
(14) Viet Nam
Select your country (or several nearby countries) [] 

ダウンロードするミラーが表示されるので使用するミラーを選択します。

(1) ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/lang/CPAN/
(2) ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/CPAN/
(3) ftp://ftp.kddilabs.jp/CPAN/
(4) ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/CPAN/
(5) ftp://ftp.riken.jp/lang/CPAN/
(6) ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/lang/perl/CPAN/
(7) ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/CPAN/
(8) ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/lang/cpan/
Select as many URLs as you like (by number),
put them on one line, separated by blanks, e.g. '1 4 5' [] 

Config.pmが設定されたメッセージが表示されcpanプロンプトが表示されれば完了です。
quit<Enter>を入力すればcpanプロンプトが終了します。

commit: wrote /usr/lib/perl5/5.8.8/CPAN/Config.pm
Terminal does not support AddHistory.

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.7602)
ReadLine support available (try 'install Bundle::CPAN')

cpan> 

cpanモジュールをインストールしてみる

cpanコマンドを利用してArchive::Zipをインストールしてみます。
cpanに-iオプションをつけインストールしたいモジュールを入力しEnterキー押しました。
cpanコマンドについては、manコマンドなどで確認してみてください。

[root@centos5 ~]# cpan -i Archive::Zip
CPAN: Storable loaded ok
CPAN: LWP::UserAgent loaded ok
<snip>

途中、問い合わせがあります。基本的にはデフォルト値で大丈夫です。

エラーが発生した場合

以下のようにCPANモジュールをインストール中にエラーが発生する場合があります。

<snip>
Failed 12/15 test scripts, 20.00% okay. 13/13 subtests failed, 0.00% okay.
make: *** [test_dynamic] エラー 255
  /usr/bin/make test -- NOT OK
Running make install
  make test had returned bad status, won't install without force

このような場合は前述に記した[[開発環境のパッケージ>]]をインストールすればほとんど解決するはずです。

インストール完了

Archive::Zipのインストールが完了メッセージは以下の通りです。

<snip>
Installing /usr/share/man/man3/Archive::Zip.3pm
Installing /usr/bin/crc32
Writing /usr/lib64/perl5/site_perl/5.8.8/x86_64-linux-thread-multi/auto/Archive/Zip/.packlist
Appending installation info to /usr/lib64/perl5/5.8.8/x86_64-linux-thread-multi/perllocal.pod
  /usr/bin/make install  -- OK
[root@centos5 ~]# 

初期設定をクリアする(CPANの再設定方法)

CPANの初期設定を削除する方法を記します。

CPANプロンプトでCPAN初期設定をクリアする

以下のコマンドをCPANプロンプトが表示されている状態で入力しEnterキーを押すと再設定できます。
設定変更の場合や設定ミスの場合、以下のコマンドでCPANの再設定を行ってください。

o conf init

上記コマンドでは、CPANの初期化をし再度設定画面がすぐに表示されます。

Config.pmを削除する

CentOSでしか確認していませんが、CPANの初期設定コマンドである o conf init を実行すると以下のメッセージが表示されました。

  • CentOS5.8
    cpan> o conf init
    
    /usr/lib/perl5/5.8.8/CPAN/Config.pm initialized.
  • CentOS6
    /usr/share/perl5/CPAN/Config.pm

このファイルを削除することにより、CPANの設定が初期化されます。
ちなみにConfig.pmには、以下のようになっています。

[root@centos5 ~]# cat /usr/lib/perl5/5.8.8/CPAN/Config.pm

# This is CPAN.pm's systemwide configuration file. This file provides
# defaults for users, and the values can be changed in a per-user
# configuration file. The user-config file is being looked for as
# ~/.cpan/CPAN/MyConfig.pm.

$CPAN::Config = {
  'build_cache' => q[10],
  'build_dir' => q[/root/.cpan/build],
  'cache_metadata' => q[1],
  'cpan_home' => q[/root/.cpan],
  'ftp' => q[/usr/kerberos/bin/ftp],
  'ftp_proxy' => q[],
  'getcwd' => q[cwd],
  'gpg' => q[/usr/bin/gpg],
  'gzip' => q[/bin/gzip],
  'histfile' => q[/root/.cpan/histfile],
  'histsize' => q[100],
  'http_proxy' => q[],
  'inactivity_timeout' => q[0],
  'index_expire' => q[1],
  'inhibit_startup_message' => q[0],
  'keep_source_where' => q[/root/.cpan/sources],
  'links' => q[/usr/bin/links],
  'make' => q[/usr/bin/make],
  'make_arg' => q[],
  'make_install_arg' => q[],
  'makepl_arg' => q[],
  'ncftp' => q[],
  'ncftpget' => q[],
  'no_proxy' => q[],
  'pager' => q[/usr/bin/less],
  'prerequisites_policy' => q[ask],
  'scan_cache' => q[atstart],
  'shell' => q[/bin/bash],
  'tar' => q[/bin/tar],
  'term_is_latin' => q[1],
  'unzip' => q[/usr/bin/unzip],
  'urllist' => [],
  'wget' => q[/usr/bin/wget],
};
1;
__END__

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:31:44 (1220d)