#navi(../)
* 特定の文字列が含まれているか確認する [#t4815170]
文字列内に特定の文字が含まれているかどうか、パターンマッチをしたい場合は以下のように記述することにより可能になります。~
下記サンプルソースは、先頭にERROR:が含まれる文字列を表示します。~

#contents
#htmlinsertpcsp(ll-top.html,ll-sp.html)

* 関連記事 [#o118f909]
-[[UbuntuにRubyをインストール>Ruby/UbuntuにRubyをインストール]]
-[[特定の文字列が含まれているか確認する>Ruby/サンプル/特定の文字列が含まれているか確認する]]
-[[Rubyで文字列の置換をする方法・sub,gsub>Ruby/サンプル/文字列の置換・sub,gsub]]
-[[Rubyで文字列のリバースする方法・reverse>Ruby/サンプル/文字列の反転(リバース)・reverse]]


* サンプルソース [#ga2c83f3]
以下のサンプルはmsg配列に3つの文字列を代入後、eachブロックで各配列要素をチェックします。
if文では、先頭がERROR:の文字列の場合、その文字列を表示するようになっています。
尚、if v =~ /^ERROR:/ を if /^ERROR:/ =~ v と記述しても動作します。

#ref(pattern_match.rb)

 #!/usr/bin/ruby
 msg = []
 msg << "STATUS: foo() OK"
 msg << "ERROR: error found."
 msg << "STATUS: bar() OK"
 
 msg.each {|v|
  puts v if v =~ /^ERROR:/
 }

* 実行例 [#o5cf9bc5]
上記サンプルソースを実行すると、ERROR:が含まれる文字列のみ表示されます。
 $ ruby pattern_match.rb
 ERROR: error found.


#htmlinsertpcsp(ll-btm.html,ll-sp.html)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS