このエントリーをはてなブックマークに追加


Debian 7 WheezyにwxPythonをインストールしてみた

wxPythonをDebianにインストールし簡単なGUIプログラムを起動するまでの記事になります。


スポンサーリンク

関連記事

apt-getコマンドでwxPythonをインストール

まずは、wxPythonのパッケージをapt-cacheコマンドで検索しました。

sakura@hpmini:~$ apt-cache search python-wxgtk
python-wxgtk2.8 - wxWidgets Cross-platform C++ GUI toolkit (wxPython binding)
python-wxgtk2.8-dbg - wxWidgets Cross-platform C++ GUI toolkit (wxPython binding, debug version)

python-wxgtk2.8がwxPythonのパッケージ名になるので、apt-get installでインストールします。

sakura@hpmini:~$ su -
パスワード:
root@hpmini:~# apt-get install python-wxgtk2.8

あとはメッセージに従いwxPythonのインストールを進めます。
提案パッケージは以下のものが出力されました。
必要に応じてインストールすれば良いと思います。

提案パッケージ:
  wx2.8-doc wx2.8-examples editra

wxPythonでHello world

以下のURLにあるHello worldを拝借し実行してみたときのスクリーンショットです。
http://wiki.wxpython.org/Getting%20Started

#!/usr/bin/env python
import wx

app = wx.App(False)
frame = wx.Frame(None, wx.ID_ANY, "Hello World")
frame.Show(True)
app.MainLoop()
  • 上記スクリプト実行時のスクリーンショット
    01.gif

以上、DebianにwxPythonをインストールしてみた記事でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: filehello.py.zip 109件 [詳細] file01.gif 203件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-27 (金) 23:13:41 (1333d)