このエントリーをはてなブックマークに追加


UbuntuにRubyをインストール

UbuntuにRubyをインストールしたときの資料です。
使用したUbuntuはUbuntu12.04になります。
端末からインストールした手順になります。


スポンサーリンク

Rubyパッケージを検索してみる

apt-cacheコマンドでRubyのパッケージを検索してみます。

sakura@ubuntu:~$ apt-cache search ruby | grep full
ruby-ferret - full text search engine library for Ruby
ruby-full - Transitional package for ruby1.8-full
ruby1.8-full - Ruby 1.8 full installation
ruby1.9.1-full - Ruby 1.9.1 full installation

本資料では、ruby-full(Ruby1.8)とruby1.9.1-fullの両方をインストールします。

Rubyのインストール

以下のコマンドで2つのバージョンのRubyをインストールします。

sudo apt-get -y install ruby-full ruby1.9.1-full

インストール中は以下のようなメッセージが表示されます。

sakura@ubuntu:~$ sudo apt-get -y install ruby-full ruby1.9.1-full
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  binutils cpp cpp-4.6 gcc gcc-4.6 libc-dev-bin libc6-dev libgomp1 libmpc2 libmpfr4 libquadmath0 libreadline5 libruby1.8
  libruby1.9.1 libruby1.9.1-dbg libtcltk-ruby1.8 libtcltk-ruby1.9.1 libyaml-0-2 linux-libc-dev manpages-dev ri1.8 ri1.9.1 ruby1.8
  ruby1.8-dev ruby1.8-full ruby1.9.1 ruby1.9.1-dev ruby1.9.1-examples
提案パッケージ:
  binutils-doc cpp-doc gcc-4.6-locales gcc-multilib make autoconf automake1.9 libtool flex bison gdb gcc-doc gcc-4.6-multilib
  libmudflap0-4.6-dev gcc-4.6-doc libgcc1-dbg libgomp1-dbg libquadmath0-dbg libmudflap0-dbg binutils-gold glibc-doc
  ruby1.8-examples graphviz
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  binutils cpp cpp-4.6 gcc gcc-4.6 libc-dev-bin libc6-dev libgomp1 libmpc2 libmpfr4 libquadmath0 libreadline5 libruby1.8
  libruby1.9.1 libruby1.9.1-dbg libtcltk-ruby1.8 libtcltk-ruby1.9.1 libyaml-0-2 linux-libc-dev manpages-dev ri1.8 ri1.9.1
  ruby-full ruby1.8 ruby1.8-dev ruby1.8-full ruby1.9.1 ruby1.9.1-dev ruby1.9.1-examples ruby1.9.1-full
アップグレード: 0 個、新規インストール: 30 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
40.9 MB のアーカイブを取得する必要があります。

プロンプトが戻ってくればインストールが完了です。

Rubyのバージョン切り替え

2種類のバージョンのRubyをインストールしました。
端末からrubyのバージョンを確認すると

sakura@ubuntu:~$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

が有効になっています。

もう一つのRuby1.9に変更したい場合は、以下のコマンドで変更することができます。

インストールされているRubyバージョン一覧表示方法

以下のコマンドでインストールされているRubyのバージョン一覧が表示されます。

update-alternatives --list ruby
  • 実行出力結果
    sakura@ubuntu:~$ update-alternatives --list ruby
    /usr/bin/ruby1.8
    /usr/bin/ruby1.9.1

現在の優先されているRubyバージョンを調べる

以下のコマンドで優先されている状態を確認できます。

update-alternatives --display ruby
  • 実行出力結果
    sakura@ubuntu:~$ update-alternatives --display ruby
    ruby - 自動モード
      リンクは現在 /usr/bin/ruby1.8 を指しています
    /usr/bin/ruby1.8 - 優先度 50
      スレーブ erb: /usr/bin/erb1.8
      スレーブ erb.1.gz: /usr/share/man/man1/erb1.8.1.gz
      スレーブ irb: /usr/bin/irb1.8
      スレーブ irb.1.gz: /usr/share/man/man1/irb1.8.1.gz
      スレーブ rdoc: /usr/bin/rdoc1.8
      スレーブ rdoc.1.gz: /usr/share/man/man1/rdoc1.8.1.gz
      スレーブ ri: /usr/bin/ri1.8
      スレーブ ri.1.gz: /usr/share/man/man1/ri1.8.1.gz
      スレーブ ruby.1.gz: /usr/share/man/man1/ruby1.8.1.gz
      スレーブ testrb: /usr/bin/testrb1.8
      スレーブ testrb.1.gz: /usr/share/man/man1/testrb1.8.1.gz
    /usr/bin/ruby1.9.1 - 優先度 10
      スレーブ erb: /usr/bin/erb1.9.1
      スレーブ erb.1.gz: /usr/share/man/man1/erb1.9.1.1.gz
      スレーブ irb: /usr/bin/irb1.9.1
      スレーブ irb.1.gz: /usr/share/man/man1/irb1.9.1.1.gz
      スレーブ rdoc: /usr/bin/rdoc1.9.1
      スレーブ rdoc.1.gz: /usr/share/man/man1/rdoc1.9.1.1.gz
      スレーブ ri: /usr/bin/ri1.9.1
      スレーブ ri.1.gz: /usr/share/man/man1/ri1.9.1.1.gz
      スレーブ ruby.1.gz: /usr/share/man/man1/ruby1.9.1.1.gz
      スレーブ testrb: /usr/bin/testrb1.9.1
      スレーブ testrb.1.gz: /usr/share/man/man1/testrb1.9.1.1.gz
    現在の '最適' バージョンは '/usr/bin/ruby1.8' です。

Rubyバージョンの選択方法

以下のコマンドでRubyのバージョンを選択し変更することができます。

sudo update-alternatives --config ruby
  • 実行出力結果
    sakura@ubuntu:~$ sudo update-alternatives --config ruby
    [sudo] password for sakura:
    alternative ruby (/usr/bin/ruby を提供) には 2 個の選択肢があります。
    
      選択肢    パス              優先度  状態
    ------------------------------------------------------------
    * 0            /usr/bin/ruby1.8     50        自動モード
      1            /usr/bin/ruby1.8     50        手動モード
      2            /usr/bin/ruby1.9.1   10        手動モード
    
    現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

上記の場合だと2を押してEnterキーを押せばRuby1.9.1に変更されます。

実際に変更した時の出力です。

sakura@ubuntu:~$ sudo update-alternatives --config ruby
[sudo] password for sakura:
alternative ruby (/usr/bin/ruby を提供) には 2 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/bin/ruby1.8     50        自動モード
  1            /usr/bin/ruby1.8     50        手動モード
  2            /usr/bin/ruby1.9.1   10        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
update-alternatives: /usr/bin/ruby (ruby) を提供するために 手動モード で /usr/bin/ruby1.9.1 を使います。

バージョン確認するとruby1.9.3p0と表示されました。

sakura@ubuntu:~$ ruby -v
ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

再度コマンドを実行すると、* 2 となっているのが確認できます。
(何も入力せずEnterキーを押せば、本コマンドは終了します。)

sakura@ubuntu:~$ sudo update-alternatives --config ruby
alternative ruby (/usr/bin/ruby を提供) には 2 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
  0            /usr/bin/ruby1.8     50        自動モード
  1            /usr/bin/ruby1.8     50        手動モード
* 2            /usr/bin/ruby1.9.1   10        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

以上、Ubuntu12.04にRubyをインストールした時の資料でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:31:26 (1308d)