このエントリーをはてなブックマークに追加


カンマ区切りの文字列(テキスト)をリスト(配列)に入れる方法

PytnonでCSV形式になっているテキストを各項目ごとにリストに入れるサンプルコードを以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

動作確認環境

$ python --version
Python 2.7.3
$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 12.04.4 LTS

文字列変数を使用したCSVテキストのリスト化

以下に文字列変数上の各項目をリストに展開するサンプルコードを記します。
splitメソッドを使えば簡単にリストに展開することができます。

構文

文字列.split("区切り文字")

サンプルコード

s = "foo,bar,hoge"
l = s.split(",")
print l

実行結果

['foo', 'bar', 'hoge']

実行結果を見ると、splitで指定したカンマで分割されリスト(配列)に展開されているのが確認できます。

CSVファイルから1行ずつ取り出す

CSVファイルをオープンし一行ずつ読み込みリスト(配列)に展開するスクリプトです。
使用したCSVファイルは以下の通りです。

$ cat data.csv
abc,def,ghi,jkl,mno,pqr,stu,vwx,yz
ABC,DEF,GHI,JKL,MNO,PQR,STU,VWX,YZ

サンプルコード

#!/usr/bin/env python

f = open('data.csv', 'r')

for line in f:
    line = line.rstrip()
    l = line.split(",")
    print l
f.close()

実行結果

sakura@ubuntu:~/python$ chmod +x csv2lst.py
sakura@ubuntu:~/python$ ./csv2lst.py
['abc', 'def', 'ghi', 'jkl', 'mno', 'pqr', 'stu', 'vwx', 'yz']
['ABC', 'DEF', 'GHI', 'JKL', 'MNO', 'PQR', 'STU', 'VWX', 'YZ']

上記のサンプルコードでrstripを使用しています。
これは、行末の改行コードを削除しています。

以上、CSV形式のテキスト(ファイル)をリスト(配列)に展開する方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: filecsv2lst.py 493件 [詳細] filedata.csv 538件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:31:35 (1340d)