このエントリーをはてなブックマークに追加


Pythonで前方・後方文字列検索・find,rfind

指定した検索文字列で文字列上に存在するかどうかを確認するサンプルコードを以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

前方から検索・find

文字列上の前方検索は以下の構文になります。

検索位置 = 文字列.find("検索文字列")

以下にfindのサンプルコードを記します。

str = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

print str.find("def")
print str.find("DEF")

上記の実行結果は以下のようになります。

3
-1

最初の3はdefが発見された場所を意味しています。
次の-1に関しては、指定した検索文字列を発見できなかったため、-1が返却されています。

後方から検索・rfind

文字列上の後方検索は以下の構文になります。

検索位置 = 文字列.rfind("検索文字列")

以下にrfindのサンプルコードを記します。

str = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"

print str.rfind("stu")
print str.rfind("STU")

上記の実行結果は以下のようになります。

18
-1

最初の18はstuが後方から発見された場所を意味しています。
次の-1に関しては、指定した検索文字列を発見できなかったため、-1が返却されています。

以上、文字列の検索についての資料でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:31:32 (1308d)